修学金制度奨学金制度等

修学金制度奨学金制度等

1.医療法人社団 順心会 修学資金貸与制度

本校の設置母体である医療法人社団順心会が、本校に在学する学力優秀で経済的に修学困難な者に対して授業料相当分(授業料納入者を対象)を貸与する修学資金(奨学金)貸与制度を設置しております。

対象者 学力優秀で経済的に困難な者
対象学科 全学科
貸与人数 若干名
貸与期間 最大2年間
貸与時期 毎年学期初め
貸与金額 授業料相当分
利息 無利息
返還・免除 原則要返還(返還免除制度有)
返還期間 卒業等により学生でなくなったその翌月から起算して貸与を受けた2倍に相当する期間内
  • 詳しくは本校学生課までお問い合わせください。

2.日本学生支援機構

入学後に募集・申込みを受付します。 本校で選考・推薦し、日本学生支援機構で審査後、貸与者が決定されます。 高等学校3 年次もしくは、高等学校又は専修学校(高等課程)を卒業後2 年以内の人で大学・短大・専修学校に入 学したことのない人は高等学校、専修学校(高等課程)を通じて「予約採用」の申込みができますので、できるだ け早く高等学校等へお問い合わせください。 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学資格検定に合格した人(大学等へ入学した人は除く)、科目合格者で 機構の定める基準に該当する人は直接、日本学生機構に「予約採用」申込みができます。

  第一種奨学金 第二種奨学金
対象者 特に優れた学生で、経済的理由により
著しく修学困難な人
第一種よりゆるやかな基準によって
選考された人
対象学科 全学科
利息 無利息 利率は年3%が上限
在学中は無利息
貸与月額 自宅通学者:3万円、5万3千円から選択
自宅外通学者:3万円、5万3千円、6万円から選択
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円から選択
貸与始期 毎年4月 毎年4月~9月の間で希望する月
貸与終期 卒業予定期 卒業予定期
  • 入学時特別増額貸与制度「奨学金の初回振込時に奨学金貸与額(10万円、20万円、30万円、40万円、50万円から 選択)の上乗せを希望できる制度もあります。日本政策金融公庫の「国の教育ローン」に申込みをしたけれども 利用できなかった人を対象としています。
  • 経済状況等により、第一種奨学金と第二種奨学金の両方貸与をうけることができます。この場合は、第一種奨学 金の学力基準を満たしていることに加えて、年収・所得額の上限について第一種奨学金よりさらに低い家計基準が適用されます。
  • その他詳細については、こちらをご覧ください。

〔給付型奨学金〕※平成29年2 月時点の情報ですので変更される場合があります。
在学している高等学校等を通して申込みます。平成30年度進学者は以下の基準を満たしている方が給付型奨学金の 対象です。
①平成29年度の住民税が非課税の世帯の生徒で、一定の学力・資質要件を満たし、在籍する高等学校長等の推薦を受けた者。
給付月額: 4 万円(私立・自宅外)、3 万円(私立・自宅)
児童養護施設退所者等には別途24万円の入学一時金

3.国の教育ローン

日本政策金融公庫の「国の教育ローン」は、学校納付金(入学金など)、受験にかかった費用(受験料・ 受験時の交通費等)、住居にかかる費用(マンションの敷金・家賃など)、教科書代などに幅広く使える公 的な融資制度です。
融 資 額 :350万円以内(学生1人に対して)
返済期間:15年以内(母子家庭、父子家庭または、世帯年収(所得)200万円(122万円)以内の方は18年 以内。)

※平成29年2 月時点の情報ですので変更される場合があります。

  • ご返済方法・ご返済額の目安の返済シミュレーションによる試算などについては、ホームページ(http://www.k.jfc.go.jp/kyouiku/)をご覧ください。
  • 詳細については、教育ローンコールセンター(ナビダイヤル 0570-008656)若しくは、各店舗に直接お問い合わせください。