関西リハニュース

発行日:平成29年3月  第16号

KRC医療法人社団順心会 関西総合リハニュース

球技大会& 第15回学園祭

球技大会& 第15回学園祭
理学療法学科2年 川口 功祐

理学療法学科2年 川口 功祐
(柳学園高等学校)

昨年の球技大会では総合2位と 悔しい思いをしました。「今年こ そは優勝するぞ!」と意気込み、 クラス一丸となって全力で戦いま した。試合に出る人も応援する人 も、全員で頑張ったからこそ、総 合優勝をすることが出来ました。 今回の球技大会で、さらにクラス が団結したと思います。これから 臨床実習や国家試験など大きな壁 がありますが、どんな大きな壁で もお互い支え合って突破し、クラス全員で理学療法士にな るために頑張ります。

学園祭を終えて

言語聴覚学科1年 石川 瑞穂
(徳島県立城北高等学校卒)

言語聴覚学科2年 友成 さき

2016年11月12日(土)に学園祭 が本校で開催されました。入学して 初めての学園祭ということもあり、 とても楽しみにしていました。実行 委員を中心として、学生全員が自分 の役割を果たし、協力することで協 調性を高めることができました。ま た、地域の方々との交流もあり、と ても楽しく充実した学園祭でした。  今後も、学校行事や日々の生活を 通し、コミュニケーションや人との繋がりを大切にして、これからの実習などに生かしていきた いです。

解剖標本見学実習

作業療法学科 専任教員 阿曽 秀昭

理学療法学科1年  久貝 順

(徳島県立城北高等学校卒)

本校に入学してから、解剖学や 運動学の講義を通して人体を構成 する筋や骨格系、神経や内臓器な どについて学習してきました。今 回の解剖標本見学実習では、実際 にご献体に触れて、自分の目で見 てそれぞれの器官の位置や構造を 具体的なイメージをもって再学習 することが出来ました。これまで 学んだ内容を確認するとともに、 イメージしづらかった人体構造に 対して理解を深めていくことができ、非常に有意義な学習 が出来たと思います。

理学療法学科 専任教員 中村 侑造

理学療法学科 専任教員 中村 侑造

解剖標本見学実習には、初めて 参加させていただきました。実際 の筋の走行や付着部など、解剖学 的知識の重要性を改めて感じ、多 くの知識と経験を得ることが出来 たように思います。また、このよ うな学習を通して、ご献体やご遺 族の方への感謝の気持ちを強く感 じました。学生にも今回の実習を 通して、更に勉学に励んでもらえ たらと思います。 ご教授いただいた徳島大学歯学部の先生方、ご献体やご 家族の方々には心より感謝を申し上げます。


2016年11月6日(日)に徳島大学歯学部で開催された「人体解剖標本の展示」を学校単位で見学しました。

現場レポート

淡路島のリハビリテーションを盛り上げたい!そんな思いで始まった「淡路リハビリテーション研究会」も昨年9 月で設立から1周年を迎えました。今年に入ってからも、「セラピストに期待される高齢者・障がい者の自動車運転支援に関するセミナー」を行い、 PT、OT、STと多くのセラピストに参加していただきました。これからも、セラピストとして何ができるのか、可能性を広げることができるよう、日々勉強に励んでいきます。

理学療法学科 専任教員 平塚 将嗣


ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様

ふるさと寄付金制度

淡路市による「ふるさと寄付金制度(魅 力ある学生生活支援事業補助金)」のご 支援により、教育の推進充実の一環とし て、今年度、1年生各学科教室にプロジェ クター(計3台)、言語聴覚学科にオー ジオメータ—とブルーレイプレイヤーを 各2台ずつ、理学療法学科と作業療法学 科に低床ベッド(パラマウントベッド) を各1台ずつ、作業療法学科に昇降テー ブル2台を、それぞれ設置いたしました。


ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様

国家試験に向けて

理学療法学科3年 有本 周一郎
(武南高等学校卒)

作業療法学科1年 東 雄也

 私達は、国家試験合格に向けて 同級生・先生と共に勉強に取り組 んでいます。グループ学習におい て、友達に説明できるレベルにま で知識を深め、国家試験の問題に 対応できるようにしています。自 分一人では解決できない問題は友 達や先生に聞き、クラス全体で国 家試験と戦っています。残り少な い時間を、お互いに助け合いなが ら学習していき、国家試験を突破 し、一人一人が目指す理学療法士に向かって頑張っていき たいと思います。


作業療法学科3年 芝 貴裕
(高知県立大方高等学校卒)

作業療法学科 専任教員 前谷 一旗

私達は、全ての臨床実習・卒業 研究などの学校卒業試験を突破 し、2月末に行われる国家試験に 向けて日々勉学に励んでいます。  個人での勉強を基盤とし、自己 の知識を増やすと共に、クラスで のグループ学習時に、クラスメイ トで教え合い、互いに知識を深め ています。  また、定期的な試験を重ねる度 に点数が伸びていることを感じ、 自分達の成長が感じられました。  国家試験という壁を超えるために、クラス一丸となり、 努力していきたいと思います。

言語聴覚学科3年 新居 有果
(徳島県立辻高等学校卒)

言語聴覚学科2年 友成 さき

私たちは、臨床実習を終え、2 月に控える国家試験に向けて日々 勉学に励んでいます。クラスでは グループ学習を行い、互いに教え 合うことで知識の向上を目指し、 頑張っています。グループ学習を 通して、一人一人が課題を見つけ、 勉強への意欲を高めています。  学校生活の集大成として、クラ ス全員で国家試験合格を目指し て、残りの時間、全力で取り組み たいと思います。


地域との関わり

 淡路市は、平成22年度から「いきいき100歳体操」に 取り組み、96会場(平成28年11月末現在)にまで拡がっ ています。兵庫県では現在、41市町中、34市町で実施 しています。兵庫県内では淡路島3市が1番に「いきいき 100歳体操」を始めました。また現在、全国47都道府県中、 34都道府県でも取り組んでいます。また淡路市の取り組 みは全国でも先行しており、私は平成27・28年度の国モ デル広域アドバイザーとして奈良県と和歌山県の支援に取り組み、「いきいき100歳体操」が広まっております。  日本は、平均寿命が長く、寝たきり期間も長い現状です が、「いきいき100歳体操」は介護予防にとても効果が あります。散歩、旅行、ボランテイア等をしたい、人のた めに何かしたい、体操を通して元気になれる、声掛け、見 守りの場にもなります。  いつまでも、住み慣れたまちでいきいきと笑って過ごせ るように応援しています。

作業療法学科 専任教員 冨本 紘之


ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様 ケーシー着衣式 模様

学生自治会より

第16回関西総合リハビリテーション専門学校学校祭の 開催にあたり、多くの企業・団体の皆様から御協賛を頂き ました。心より感謝申し上げます。  今回の学校祭のテーマである「みんなの笑顔の種になろ う」の通り、本校らしい学校祭を開催することができまし た。  以下、ご協力を頂きました皆様のお名前をご紹介させて 頂きます。  ありがとうございました。

●医療法人社団一功会様
●医療法人社団順心会順心淡路病院様
●医療法人社団順心会介護老人保健施設淡路白寿苑様
●医療法人社団順心会グループホームオリーブの家様
●医療法人社団淡路平成会東浦平成病院様
●ケアハウス津名やすらぎの里様
●呑み処甍様         ●㈲アワジスポーツ様
●焼鳥・炉ばた信長様     ●田尾不動産様
●木下自動車株式会社様    ●イサム水道商会様
●もつ次様          ●居酒屋濱様
●HAIR ABIGAIL様     ●花工房カナオカ様
●遊食旬彩仲よし様      ●シーバイト様
●ウェスティンホテル淡路様  ●淡路たかたのケーキ様
●栄川スタジオ株式会社様   ●岨下酒店様
●焼肉花園様         ●志筑郵便局様
●アテーナ海月様              (順不同)

学生自治会より
生徒集合

学生支援センターより

3年生の皆さん、国家試験の勉強大変だと思いますが、 その努力がきっと報われると信じて頑張ってください。  学生支援センターでは高校の訪問をよく行いますが、進 路の先生たちは自分の学校から輩出した学生について気に 掛けられておられます。  春休みといいながらも実習などで多忙と思いますが、も し時間があれば母校を訪ねるなどして元気な顔を先生に見 せてあげてください。

図書だより

図書室では、臨床実習前や定期試験期間中は、特に学生同士の交流をよく見受けられます。年齢や学科を超えて、アドバイスを求める下級生に対して、上級生が親身になって対応する様は、当たり前のような光景となっています。 新1年生や、図書室を利用したことがない方も、こうしたやりとりの場としても利用頂けたらと思います。また、図書室内に御意見箱を設けて、リクエスト図書の受付を行っています。いつでもご活用下さい。


人にやさしい人になる

編集後記

2月になり、今年も国家試験の時期がやってきま した。3年生にとっては卒業前の最大の山場です。 悔いのないよう最後まで諦めないで頑張ってくださ い。  1・2年生たちは後期試験、臨床実習と、慌ただ しい日々を過ごしています。まだまだ寒い日々が続 いていますので体調管理には十分に気をつけてくだ さい。  「1月行く、2月逃げる、3月去る」という言葉 がありますが、年明けから何となく月日が経つのが 早い気がします。  3月には卒業式、4月には入学式があります。忙 しく過ぎていく毎日ですが、準備万端で学生を送り 出し、迎え入れたいと思います。