理学療法学科 3年生

理学療法学科 3年生

身体に障害があっても、「それを支える社会」があればよい。 しかし、「障害をおこさない社会」があればもっとよい。 運動や障害の専門知識と技術で、幸福な人生へ導くエキスパートを生み出します。 「元気に、明るく、楽しく、みんな3年でPTだ!」

理学療法士とは

理学療法士とは

さまざまな原因で身体に障害を持った人に対して、基本的運動能力の回復を目的に、運動・指導を行うリハビリテーションの専門家です。
機能しない身体の患部に、治療体操などの運動を行わせたり、電気刺激、温熱光線、マッサージなどの物理的手段を用いた理学的療法を加え、身体機能の回復を手助けします。 また障害を持っていても、食事や排泄など基本的な日常生活を過ごせるよう、動作練習や車椅子など福祉機器の使用方法の指導なども行います。


理学療法士の仕事は

理学療法士の仕事は

医師との緊密な連携の下に他職種のスタッフと協力して、対象者一人ひとりの状態や機能回復の度合いを見ながら検査結果に基づき、治療計画を立て、治療を繰り返しながら退院へと導きます。
基本的な医学知識から身体の運動機能、最新の治療技術が求められるのはもちろん、生活場面までほりさげたよき相談相手として、時には叱咤激励しながら社会復帰を積極的に促す役割を担っています。



取得資格

・理学療法士の国家試験受験資格 (国家試験は毎年3月に実施)

■その他目標とする資格及び受講する講習
・福祉住環境コーディネーター (検定試験対策特別講座実施)


活躍の場

■医療機関(病院、クリニック、リハビリテーションセンターなど)
■医療福祉分野(介護老人保健施設、老人・障害者・小児などの福祉施設、訪問リハビリテーション)
■教育・研究機関(大学、養成校など)
■医療機器関連会社(健康増進センター、医療機器メーカーなど)
■自営・海外など


カリキュラム

■基礎分野
教育学/心理学/社会学/統計学/物理学/一般英語/ 医学英語/保健・体育 ※一部選択制

■専門基礎分野
解剖学/解剖学実習/生理学/生理学実習 基礎運動学/運動学実習/人間発達学 臨床心理学/病理学/整形外科学/内科学 リハビリテーション医学/生命科学と医療 神経内科学/老年期学/精神医学/小児科学 社会保障制度論/リハビリテーション概論

■専門科目
理学療法概論/ 動作分析学/ 臨床運動学/理学療法研究法/ 理学療法評価学/ 理学療法評価学実習/ 日常生活活動/日常生活活動実習/運動療法総論/ 物理療法学/物理療法学実習/義肢装具学/ 義肢装具学実習/疾患別理学療法学(脳血管障害、小児疾患、整形疾患、脊髄損傷、切断、神経筋疾患、呼吸器疾患、スポーツ傷害、老年疾患) 生活環境論/地域理学療法学 リハビリテーション機器/臨床実習 (見学、検査・測定、評価、福祉、理学療法治療) 理学療法安全教育

■選択必修分野
人間関係論/体験実習Ⅰ・Ⅱ/情報処理/卒業課題

■その他
国試対策セミナー/就職対策セミナー/接遇セミナー


先生からのアドバイス

理学療法学科 学科長 沖田 任弘

教務部長 兼 理学療法学科 学科長 沖田 任弘

理学療法の世界は答えがない世界ゆえ、答えに近づくため、皆で意見を出し合い、進化していきます。患者様が一人ひとり異なるように、理学療法士も一人ひとり違うんです。あなたならではの患者様との接し方、なぜそうするのか、あなたなりのやり方を見出すことが大切です。常に責任を持って、そしてチームワークを大切にできる優れた療法士を育てたいと願っています。患者様から必要とされる理学療法士を目指して一緒に学んで行きましょう。